ヒアルロン酸サプリ

ヒアルロン酸は高い保湿性と粘度を持ち、私たちの体にうるおいと潤滑性を与えてくれる必要不可欠な物質です。しかし体内でのヒアルロン酸生産量は加齢により減少してしまい、特に四十代後半を境にして大幅な減少が確認されています。体内でのヒアルロン酸量が減少することはお肌のシワ、たるみや関節痛、ドライアイなどトラブルにつながってしまうので意識的に補っていくことが好ましいとされています。

人間の水分保持能力が生まれた時を最大の100%とすると、40代では、なんと約半分に水分保持能力が落ちていきます。

サプリ減少したヒアルロン酸を補充する方法の一つとしては、ヒアルロン酸が配合されたサプリメントの摂取があります。ヒアルロン酸サプリメント摂取により、目に潤いを与えドライアイを改善する効果や、関節内の軟骨を回復させ関節痛を改善する効果が期待されております。特に、ヒアルロン酸サプリメントの中にはお肌の潤いを保つ高い効果が認められ、消費者庁から機能性表示食品としての指定を受けている商品もあり、ヒアルロン酸の摂取は非常に重要であるとされています。

ヒアルロン酸の安全性は内閣府の食品安全委員会による審査により認められており、適切な量の摂取において問題はなく、安心して使用していただくことが可能です。ヒアルロン酸サプリメントを活用することで体の中に不足したヒアルロン酸を上手に補い健康な体をつくりあげていきましょう。

ヒアルロン酸化粧品

ヒアルロン酸の特性を生かした利用法としては、化粧品への活用があります。ヒアルロン酸の持つ高い保水性は私たちのお肌を乾燥から守り、ハリやみずみずしさを与えてくれます。しかし、体の中で生み出されるヒアルロン酸の量は加齢により減少してしまい、それがカサつきやたるみなどのお肌トラブルの一因となるとされています。ヒアルロン酸が配合された化粧品を利用することで、加齢により減少したヒアルロン酸をお肌に補充することが可能となり、お肌トラブルの改善させる効果があるされております。

化粧品ヒアルロン酸が配合された化粧品には様々な種類があり、それぞれお肌に対する効果効能がかわってきます。ヒアルロン酸化粧品を分類する中で主な種類の違いとして挙げられるのはヒアルロン酸分子サイズの違いです。分子サイズの差により皮膚へのヒアルロン酸の浸透度や保水性の高さや保水時間、化粧液の触感が大きく異なります。分子サイズが大きい高分子ヒアルロン酸が配合された化粧品ではしっとりとした使い心地のものが多く、ヒアルロン酸が皮膚の上に長くとどまることで水分の蒸発を防ぎ長時間にわたり潤いを保つ効果が高いという特徴があります。一方で分子サイズの小さい低分子ヒアルロン酸はサラサラとした使い心地ものが多く、角質への浸透度は高いので、ヒアルロン酸を皮膚の内部へより届けやすくなっています

ヒアルロン酸が配合された化粧品を使用される際には、皆様の肌の状態に最も適した分子サイズのヒアルロン酸が配合された化粧品の選択も重要となります。

ヒアルロン酸と利用法

本サイトでは私たちの健康に欠かすことのできないヒアルロン酸について、その特徴と利用法について紹介させていただきます。ヒアルロン酸は1934年に牛の目から発見された物質であり、コンドロイチン、コラーゲンなどと同じムコ多糖類に分類されています。ヒアルロン酸は私たちの体の中(主に目や皮膚、関節)にも幅広く存在することが知られており、「高い保水性」や「高い粘弾性」を特徴として持つことから、医薬品、医薬部外品、化粧品、食品など多岐にわたる分野で利用されています

サプリヒアルロン酸の具体的な利用法としては、ヒアルロン酸添加化粧品がまず挙げられます。ヒアルロン酸はお肌にみずみずしさやしなやかさを与え、傷の治癒や紫外線などによる酸化ストレスを緩和する効果があることから、化粧品に添加し使用されています。またヒアルロン酸には関節中における潤滑剤やクッション材料としての役割があることから、加齢やリウマチなどの疾病を起因とする関節痛の緩和にヒアルロン酸注射やヒアルロン酸サプリの摂取が利用されています。ヒアルロン酸は点眼剤としても活用されており、ドライアイや目の表面にできた傷を修復する治療効果があります。これらの例からも、ヒアルロン酸は私たちが健康な生活を送る上で非常に重要な物質の一つであるといえます。

以下のページではヒアルロン酸の利用法について、「化粧品」と「サプリ」という二つの側面からさらに深く紹介させていただきます。そしてこれらの情報が皆様にとってヒアルロン酸のさらなる理解と効果的な利用へとつながれば幸いです。